Top > 債務整理 > 特定調停のメリットデメリットを教えてちょ

特定調停のメリットデメリットを教えてちょ

最近ではさまざまな人が銀行や消費者金融で借金返済不能など、金融機関から借金をしていて困っているヒトが多いと言われています。消費者金融はその金利が高いことから、借金をした後に一度返済が困難になるとなかなか返済することが困難になり、そうした人はさまざまな金融機関からお金を借りるいわゆる多重債務状態になります。

 

多重債務状態から、お金が返せなくなると、いわゆるブラックリストに登録され、あらゆる金融機関から少なくとも数年近くはお金を借りることが困難になります。こうした場合、債務整理をする方法として挙げられるのが、特定調停といわゆる方法です。

 

この方法は、借金の債務整理の方法として、代表的な手続きの一つと言われていますが、これは裁判所が仲裁役となり、債務者と各債権者との和解の成立を支援する公的な手続とされており、裁判所が仲介をしてくれることから非常に公平中立的な債務の整理方法といわれています。

 

この方法では、裁判所が仲裁を行うことから、一度合意が成立すると、裁判所の裁判の判決と同程度の効力が生じます。そのため、裁判所が提示した仲介を守らなければ、給与や財産の差し押さえが行われる可能性があります。

 

一方で、それ以外の債務整理の方法として挙げられている任意整理については、裁判所が仲裁を行わないため、債務者と債権者で合意した合意内容については、強制力を持つことはないとされています。こうしたことから、債務の整理を行う場合はそれぞれの特徴をよく知る必要があります。

債務整理

関連エントリー
特定調停のメリットデメリットを教えてちょ