Top > 日常 > 自分の家を

自分の家を

民事再生による解決は住宅のためのローンも含む多重の債務に苦しめられている人々を救済するためにマイホームを維持しながら経済面で再建するための法的な謝金の整理の道として利用できるようになった制度です。

 

民事再生制度には、自己破産制度みたいに免責不許可となる条件はないので、投機などで債務ができた場合においても申請は選択可能ですし破産申請をすることで業務ができなくなるリスクのある立場で仕事をしているような方でも手続きが可能になります。

 

破産手続きの場合はマンションを対象外にすることはできませんし、特定調停と任意整理では、元金自体は払っていかなくてはなりませんので、住宅のためのローンを含めて返していくのは多くの場合は簡単なことではないでしょう。

 

でも、民事再生という手続きを選択できれば住宅のローンを別とした負債はかなりのカットすることもできますので余裕をもって住宅ローンなどを続けながら残ったローンを支払い続けることもできるということになります。

 

ただ、民事再生という方法は任意整理による処理特定調停といった処理と違って一定の債務だけを除外扱いして手続きを行うことは考えられませんし破産宣告に適用されるように負債自体がなくなるということではありません。

 

くわえて、別の解決方法と比べても手順がこみいっていて時間が必要ですので住宅のためのローンを組んでいて住んでいる家を維持していきたい状況等以外において破産宣告のようなそれ以外の整理ができない場合における限定された解決策としておいた方がいいでしょう。

 

日常

関連エントリー
自分の家を危険性をコントロールすること手続き後の返済